スタイリッシュなセルボ

 セカンドカーとして、中古の軽自動車を探していました。ディーラーに行くと新車を進められて、説明を聴くとやっぱり新車はいいなーとなってしまうので、絶対中古の軽自動車と決めて、中古屋さんを回りました。
 いろいろ回った末、なんでも扱う田舎の、「ちょっと素敵な車屋さん」という看板を見て寄ってみました。そこの営業マンさんが、静かで親切でしたので、じっくり見ることができました。そこで花輪の中に置いてあったのが、紺色のセルボでした。とってもきれいでおしゃれな形なのが気に入りました。
 いろいろ話を聞いてみると、スズキ・セルボは、もう生産していないとのことでした。ここに出ているセルボは、生産終了の年に作られたもので、だから一番新しい車だということでした。座席に座ったり、ボンネットを開けたり、タイヤを見たりと繰り返し、結局そこでは決めずに、帰りました。
 さらに車屋さんを回ったのですが、他の車にはあまり興味がわきませんでした。結局、翌日にまたセルボを見に行って、そこで購入を決めました。営業の人から「また来ると思って、お待ちしていました。」と言われたのも、うれしかったです。
 その後、一回車検もとって今も乗り続けています。相変わらずスタイルがいいし、足回りも文句なし。もう私のファーストカーとして、活躍しています。

急遽、車を買い換えなくなって困ったこと

以前、ラクティスを乗っていたのですが、中古で買い換えてエアウェーブを乗っています。ラクティスは10万キロぐらい乗っていたのですが、まだまだ乗っていくつもりでした。しかし、ある日職場で同僚から、マフラーから白い煙が出ていると言われあわてて車屋さんへもっていきました。すると、オイルが漏れており、修理するには、エンジンを載せ替えるか、ばらして組み立てるしかないといわれ、結構お金がかかるとのことでした。それならばと、中古でいいので、車を買うことにしました。ラクティスは調子が悪いので、早急に次の車を用意しないといけなくなりました。
嫁の知り合いにホンダで働いている人がおり、その人に相談することになりました。その人に探してもらいエアウェーブを買うことになりました。とりあえず急ぎで探してほしいと頼んでおり、金額もあまり出せないと言っていたので、安い金額のものを探してくれたので助かりました。前に乗っていた人がおじいさんであったらしく、ちょっと後ろがへっこんでいましたが…。自分でも探していたのですが、いいのは見つからなかったので、頼んでいてよかったと思いました。

子供が小さいうちはやっぱりスライドドアが必須

ガタがついてきたヴィッツからシエンタに乗り換えました。
お金に余裕もないので中古なんですが、値段は30万で売ら
れていました。

そもそも何故シエンタ?って思いますが、子供が小さいう
ちは車からおろすのも抱っこ、それも荷物を持って。広い
駐車場ならともかく狭いと本当に気をつかいます。更に排
気量の問題です。2000cc以上のクラスならスライドドアの
自動車が当たり前にありますが、自動車税を考えると手を
出せません。そうなると1500ccのシエンタがトヨタでは候
補に上がってきました。

勿論ホンダなども候補にあったのですが、悩みに悩み長年
付き合いのあるトヨタさんになってしまいました。

私達の車の探し方はディーラーへ行って探してもらうと言
う方法。いいのか悪いのかわかりませんが、営業さんの顔
色を直接感じながらなので、良い悪いがダイレクトにわか
ります。

このシエンタを見つけた時、営業さん、旦那、私の意見が
決まりました。これよくない?と。実物見るまでは買わな
いスタンスで、実際見た時は中古なのに傷が少なくキレイ
で即決しました。

いくら中古とはいえやはり高い買い物ですが、出会いと閃
きは大切だなぁと思います。広くなった車に子供も大喜び
ですし、シエンタにして良かったなぁと思います。